キレイなママになるために!妊婦さんのシミ対策

妊婦のシミ

 

妊娠初期〜出産にかけて女性の肌はとってもシミができやすくなります。この時期、お腹の赤ちゃんも大事ですがやっぱりお肌も気になりますよね。

 

妊婦さんの顔にシミができるのは、外部刺激に対して敏感になり『守る力』が弱っているから。産後に気兼ねなくお出かけできるようシミ対策は早めに手を打っておきましょう!

 

妊婦さんの化粧品選び【5つのポイント】

妊娠中の化粧品選びのポイント

敏感肌向けを選ぼう

妊娠中は体が大きく変化するため今まで使っていた化粧品が合わなくなる事も多々あります。妊娠でホルモンバランスが乱れ肌が弱ることもあるので、低刺激で毎日使えるものを選びましょう。

 

安全なものを選ぼう

妊娠中はお母さんが取り入れたものは赤ちゃんに影響することもあります。特にトレチノインやハイドロキノンなど医薬品は効果が高い分副作用などもあり妊娠中のシミ取りには向きません。成分には注意しましょう。

 

メラニン生成を抑えよう

シミはメラニンが肌で作られ、広がることで目立ちだします。シミを取るにはまずメラニンの生成を抑える成分が入っているものを選びましょう。ビタミンCやトラネキサム酸などはシミ抑制として知られています。

 

ターンオーバーで肌に栄養

シミは消しゴムのように消すことはできません。肌の生まれ変わりを促すことが必要です。シミ部分をどうにかするより、きちんと肌が生まれ変わらせることを意識しましょう。

 

保湿力も忘れずに

紫外線や乾燥などのダメージはシミに直結します。ホルモンバランスが崩れて敏感になりやすい妊娠中だからこそ肌のバリア機能がシミ対策に重要です。新たなシミを防いでいきましょう!

 

 

スペシャルケアより基礎化粧品の見直しを

基礎化粧品が合っていないとお肌は荒れる一方。シミができてから行うスペシャルケアより、普段使いのコスメでいかに刺激を防げるか?が妊娠中のシミ対策のポイントです。

 

妊娠中は内側からケアするビタミン剤などのサプリが制限されます。基礎化粧品選びは妊娠前より吟味したいですね。

 

妊婦さん向けシミ消し化粧品5選

妊娠中 シミ 濃くなる HANAオーガニック

HANAオーガニック・ブライトニングの特徴

■石油系由来のケミカル成分不使用
■オーガニック濃縮ローズで肌の再生力UP
■和漢エキスがメラニンの暴走を抑える
■30代・40代のゆらぎやすい肌にもおすすめ

価格 トライアル:1,480円
評価 評価5
備考 『100%天然』大人気オーガニックブランドの美白ライン
HANAオーガニック・ブライトニングの総評

HANAオーガニックは天然オーガニック100%。合成着色料・合成香料・鉱物油・パラベン・石油系界面活性剤といった肌に刺激となる添加物を排除して作られているのが特徴です。肌がゆらぎやすい妊娠中の顔のシミ対策におすすめ

肌が本来持つ再生力を呼び覚ます『オーガニック濃縮ローズ』、シミの原因・炎症やメラニンの暴走を抑制する独自の『和漢エキス』を処方。美白美容液やシミ用クリームもありますが、まず少量から試したい方はホワイト美容液・洗顔料・化粧水・乳液・UV乳液がセットになったトライアルセットから試してみて

妊娠 シミ 濃くなる ディセンシアサエル

ディセンシア・サエルの特徴

■敏感肌専門ブランドが開発
■シミとくすみに強力アプローチ
■妊娠中の肌質の変化を感じたら
■30日間返金保証つき

価格 トライアル:1,480円
評価 評価4.5
備考 妊娠中でも安心!敏感肌ブランドの美白化粧品
ディセンシア・サエルの総評

サエルは敏感肌専門ブランドの美白ライン。妊娠中でも安心して顔のシミ対策が行えます。過剰なメラニン生成を引き起こす炎症や酸化を抑えつつ、肌のバリア機能をアップ

肌が敏感な妊娠中でも、刺激の少ない使用感が特徴です。ビタミンC誘導体など美白成分の他に、セラミドナノスフィア、高フィットヒアルロン酸などの保湿・美容成分が豊富に含まれています

妊婦さん向けシミ消し化粧品 アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトの特徴

■人気の『アスタリフト』美白ライン
■シミの下まで成分が届くナノテクノロジー
■気休めのシミ対策で実感できなかった人に
■トライアルセットは超格安の1,000円

価格 お試し:1,080円
評価 評価4
備考 ナノ化された美白有効成分が『シミのもとに届く』
アスタリフトホワイトの総評

美白成分ビタミンC誘導体&アルブチンを配合したシミ対策化粧品。敏感肌や乾燥肌の人でも安心して使えます

トライアルセットは美白化粧水+美白美容液+美白クリーム+化粧下地、さらにジェリーアクアリスタを5日分お試し。これだけ入って税込1,080円のお買い得セット

妊婦さん向けシミ消し化粧品 ましろっぷ

ましろっぷの特徴

■トラネキサム酸が色素細胞を抑制
■1分でお手入れ完了のオールインワン
■5つの無添加でお肌にやさしい
■30日間返金保証つき

価格 定期:3,480円
評価 評価4
備考 これ1本で徹底シミ対策!美容のプロも愛用するオールインワン
ましろっぷの総評

ましろっぷはメラノサイト刺激物質を抑える『トラネキサム酸』、ターンオーバーを促進する『プラセンタ』をW配合。シミの予防&対策が同時にできるアイテム

ジェルオイルだから軽い使用感、シミ化粧品にありがちなベタベタ感もなし。98%が美容成分だから使うたびに実感できるはず!

妊娠中 シミ 濃くなる パーフェクトワン

パーフェクトワンの特徴

■面倒な使い分け必要なし!これ1つでOK
■アルブチン×トラネキサム酸でシミをWケア
■サラッとした使い心地でベタつきなし
■定期購入ならさらに割引あり

価格 1ヶ月お試し:3,996円
評価 評価3
備考 あらゆるケアがこれ1つ!潤い+美白のオールインワン
パーフェクトワンの総評

妊娠中はお肌のお手入れに時間をかけられませんが、パーフェクトワンはオールインワンジェル。塗るだけで化粧水・乳液・クリーム・美容液・パック・化粧下地の機能を得られます。スキンケアの時短ができるので、妊娠中におすすめです

もちろん美白の効果も期待出来ます。パーフェクトワン「薬用ホワイトニングジェル」にはメラニン色素の過剰な生成を抑制するアルブチンや、トラネキサム酸といった美白成分を配合。香料・着色料・パラベンといった肌に刺激となる成分は含まれていないので、妊婦さんでも安心して使えます

 

なぜ?妊娠するとシミができる原因

 

妊婦でいる期間は『女性が最も美しい時期』といわれることもありますが、実際には

 

■つわりに悩んだり
■体型のバランスが崩れたり
■体重管理が難しかったり

 

と美しいと感じる暇もないというのが本音ではないでしょうか。

 

鏡をのぞくとシミやそばかすが目立つようになったと感じる妊婦さんも増えます。妊娠中は様々な体の変化や不調が起こりますが、肌の悩みもとても多い時期なのです。   

 

妊娠中のシミの原因@女性ホルモンの変化

妊娠中のシミの原因 女性ホルモン

妊娠すると大きなホルモンの変化が起きることは有名ですが、これがシミを引き起こす第一の原因と言われています。

 

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

 

という2つの女性ホルモンが増減することでメラニン細胞を刺激し、シミが増えるのです。

 

ホルモンの変化は妊娠継続に必要な体の機能なので、赤ちゃんを産むには避けて通れません。

 

妊娠中のシミの原因A環境の変化によるストレス

妊娠中のシミの原因 ストレス

ストレスも肌に大きなダメージを与えることが分かっています。妊娠中はちょっとしたことでストレスを感じ気持ちが不安定になりがち。つわりや不眠に悩む妊婦さんも多いです。

 

私たちの体はストレスを感じると

 

  1. 緊張状態が続いて血流が悪くなる
  2. 細胞の機能が著しく低下する
  3. 血流を早めるためアドレナリンを分泌
  4. そのために男性ホルモンが増える
  5. 皮脂が増えメラニン生成が活発化
  6. メラニン色素が肌にとどまる

 

という段階を経てシミが増えます。

 

これ以外にも様々な要因でシミや肌トラブルが起きやすくなるので、おおらかな気持ちで妊娠期間を過ごすというのも必要です。

 

妊娠中のシミの原因Bターンオーバーサイクルの乱れ

妊娠中のシミの原因 ターンオーバー

肌のターンオーバーが乱れると、メラニンが排出できずにシミとなって残ります。妊娠中にはこのターンオーバーを乱れさせてしまう原因が多くあります。

 

■ホルモンバランスの乱れ
■つわりによる食生活の乱れ
■不眠による睡眠不足
■赤ちゃんが生まれることへの不安
■自身の変化へのストレス

 

などが挙げられます。

 

すべてを解消するのは難しいかも知れませんが、少しずつ改善できるような方法を見つけていきましょう。

 

メラニン色素は顔以外にも!?

妊娠中にメラニンが増えることでできるものはシミだけとは限りません。メラニンは体の重要な部分にも出やすく、妊娠すると様々な部分が黒ずんできます。

 

■お腹の真ん中にできる正中線
■乳首の黒ずみ
■陰部の黒ずみ

 

乳首は赤ちゃんが乳首を見つけやすくするため黒ずむと言われています。これらは妊娠期間〜授乳時期が過ぎれば徐々に元に戻るので、ケアをしながらも受け入れていきましょう。

 

放置厳禁!妊娠中のシミによるデメリット

妊娠中 シミ デメリット

「妊娠して増えたシミは1年も待てば消える」と言われています。中にはそれを当てにして何も対策しない人もいますが、油断してできたシミはなかなか消えてくれません!

 

放置すると様々なデメリットがあります。産後に落ち着いてからスキンケアしようとしても、思いのほか消えずに残ることがあるので早めのケアが大切です。

 

シミ放置のデメリット@スキンケアの時間が取れない

シミ放置 スキンケアの時間

赤ちゃんは妊娠中も気を遣いますが、生まれてからは育児に時間を取られます。赤ちゃんは言葉が分かりませんし、自分では何もできません。ママが自分のことに使う時間はかなり少なくなります。

 

■0〜1歳
初めての育児、どうして泣いてるのか分からず付きっきりになります。母乳を与えたりオムツを交換したり、基本的に目が離せません。

 

■1〜2歳
ハイハイ、つかまり立ちを経て近くであれば自分で立って歩けるようになります。成長に喜びを感じつつも、放っておくとどこに行くかわからないためますます目が離せなくなります。

 

■2〜3歳
色んな事に興味を持って走り回る年頃、一番かわいいと言われる時期でもありますね。この時期は外に出て遊ぶことも増えるのでママが紫外線を浴びる量も増えます。

 

このようにママは自分の時間をかなり取られると思っておきましょう。スキンケアは妊娠前よりもおろそかになるので、じっくりシミ対策をする余裕はないと考えた方が良いです。

 

シミ放置のデメリットA色素沈着が進行するケースも

妊娠 シミ 色素沈着

出産後は環境の変化に少なからずストレスを感じます。単なる肌荒れと放置していると、炎症を起こした場所が色素沈着を起こしてシミを濃くする可能性があります。

 

色素沈着は

 

  • ニキビの跡
  • 摩擦やキズ
  • 肌に合わないスキンケア

 

で起こります。

 

肝斑ができていた箇所に肌ダメージが重なり、色素が残る場合もあります。こうなると濃いシミで消しにくくなってしまうので、シミは放置せず早めにケアするのがポイントです。

 

シミ放置のデメリットB紫外線の格好の餌食に…

シミ 濃くなる 紫外線

これが特に要注意!妊娠中に薄いシミができている場合、紫外線の影響で濃くなりやすいです。子どもと一緒に外に出るときは気を付けましょう。

 

シミのもと・メラニン色素が作られるのは、紫外線のような強いダメージから肌を守るため。公園や散歩で出かける機会は増えますが、ここで紫外線を浴びると一気にシミが増えるケースがあります。

 

日光は体内でビタミンDの生成を促進する役割を持っています。子供の健康のためには適度な日光浴も重要なので、出産後はUVケアがとても大切になるんです。

 

 

妊娠中にできるシミはスキンケア次第で予防することができます。早めにケアを始めるほどシミが濃くなるのを防げるので、残りにくくすることもできるんですよ!

 

妊娠 シミ 妊婦 ハナオーガニック

当サイトでご紹介した美白化粧品はお試し価格、返金保証など敏感肌の人にも嬉しいサービスがたっぷり(*^^)bまずは気になったものをお試ししてみてくださいね♪

 

▼敏感肌も安心!妊婦さん使用OK▼

シミ対策化粧品ランキング2